S・Kの如何にも不良らしい風呂上がりの一服

風呂上がりに着替えを抱えながら階段を猛ダッシュで駆け下りて行くN・Tとすれ違うなり、ヤニの匂いが漂ってきた。部屋に入ると案の定、S・Kが貸切り状態で風呂上がりの一服を決め込んでいた。
「A・Iさん、お疲れっす。一本どうっすか?」
「私はいいよ。灰だけ気を付けて。火事になったら洒落にならないから」
 S・Kには説明会の時の一件以来、煙草に関してそれ以上の事はもうあれこれ言うつもりもなかった。
「まあ、S・Kの場合はとりあえず減煙からだよね。今日も実感したと思うけど」
 私自身も未だにやってられなくなると吸ってしまう時もあるので「辞めろ」とは強く言えなかった。本当なら本人のためを思って言うべきなのだろうが、今の私が言ったところで説得力が皆無のような気もした。
 私が部屋を出ようとドアノブに手を掛けようとした直後、珍しくM・Tが入ってきた。
「M・T、もうお風呂入ったの?」
 私の問いかけに答えるでもなく、M・Tは入って来るなり徐に部屋中の窓を全開にした。1番痩せる酵素ドリンク

S・Kの如何にも不良らしい風呂上がりの一服